地域おこしに エコタウン事業

エコタウン事業

環境問題が深刻化している今、環境と経済が両立した循環型社会の形成を目的とする3R政策が、国を挙げて進められています。

3R政策とは、省資源化や長寿命化といった取組みを通じて製品の製造、流通、使用などに係る資源利用効率を高め、廃棄物とならざるを得ない形での資源の利用を極力少なくする「Reduce(リデュース:廃棄物の発生抑制)」、一旦使用された製品を回収し、必要に応じて適切な処置を施しつつ製品として再使用を図る。または、再使用可能な部品の利用を図る「Reuse(リユース:再使用)」、一旦使用された製品や製品の製造に伴い発生した副産物を回収し、原材料としての利用(マテリアルリサイクル)または焼却熱のエネルギーとしての利用(サーマルリサイクル)を図る「Recycle(リサイクル:再資源化)」を柱とする政策です。

例えば地方公共団体の場合、それぞれの地域の特性を活かして、独創性、先駆性のある「エコタウンプラン(環境と調和したまちづくり計画)」を作成することで、経済産業省および環境省より循環型社会形成に資する 先導的なリサイクル施設整備事業に対し財政支援が受けられることがあります。

参考:経済産業省「エコタウン事業」

3Rへの取り組みは、行政機関だけでなく、事業者と消費者、地域、学校にも求められています。そして、エコタウンの構築をはじめとする、エコビジネスに取り組むことは、事業者にとって名誉だけでなく、差別化された施設や商品を開発し、大きな利益を生みだすことにもつながります。

そして、エコビジネスに関しては、国だけでなく、各都道府県や各種財団でも、補助金・助成金が用意されています。

【ミネラル炭製造機、スーパーストーンクリーン530を使用したエコビジネスモデル例】
エコビジネスモデル

「地域循環型農業」とよばれる循環型社会を形成する持続可能な形での農業が人気を博しています。ミネラル炭製造機、スーパーストーンクリーン530を使用すると、例えば以下のように、エコビジネスの幅が大きく広がります。

  • 安全性が確認できる自家製の肥料や炭などで作った良い土壌で、稲や麦、野菜を育て、販売したり、組織内のレストランで提供します。
  • 自家製の穀物や野菜などを配合したミネラル豊富で安全な飼料で、ニワトリを雛からのびのびと健康に育て、そのニワトリが産んだ卵を販売し、またその卵をつかってお菓子を製造したり、組織内のレストランで提供します。
  • 籾殻などの植物残渣を使って、炭化炉でミネラル炭を製造し販売したり、土壌改良剤、水質改良材として使用します。
  • 排熱でお湯を沸かして、ハウスや施設の暖房、レストランでの給湯、お風呂等に使用します。温浴施設・岩盤浴施設の運営も考えられます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 地域おこしに エコタウン事業
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed

コメントは停止中です。