スーパーストーンクリーンZの特徴

スーパーストーンクリーンの特徴

燃料が不要 ・・・・・・・ 燃料を使用しない特殊な磁気の作用で不要物を分解処理します。(不燃濃縮磁気分解)
炎が出ない ・・・・・・・ 燃やさないから炎はでません。たとえ石油製品を入れても黒い煙が出ることはありません。
消臭消煙対策 ・・・・・・・ 消煙率 90パーセント以上
CO2が削減 ・・・・・・・ 燃やさないからCO2やダイオキシン等の有害物質は環境基準値以内です。
処理後の残渣激減 ・・・・・・・ 投入量の1/10~1/3000程度になります。
再利用 ・・・・・・・ 残渣は生成され、パウダーとして土壌改良剤など幅広く再利用が可能です。
有機物もOK ・・・・・・・ 石油製品、有機物も分解処理可能です。

この装置は電気・燃料を使用しない特殊な磁気の作用で有機物を分解処理するもので、他に類を見ない画期的なものであります。
ダイオキシン等の有害物は基準値以下です。たとえ、石油製品を入れても黒い煙が出ることはありません。
処理後の残渣が少なく(投入量の1/10~1/3000)、その残渣は生成され、パウダーは土壌改良剤として再利用できます。
処理作業はゴミを分別せずにスーパーストーンクリーンに放り込むだけでOKです。
石類、ガラス類、金属類はダメですが、それ以外の石油製品、有機物は分解処理できます。

 

■ 焼却炉との相違点

比較項目 法規定焼却炉  スーパーストーンクリーン
燃料 電力・灯油等 必要なものは消臭・消煙用の電力です
炉内温度 高温(800℃以上) 350℃~400℃以下
処理方法 火炎燃料 無火炎・熱分解
付帯設備 助燃装置・パグフィルター等の有害物質排出抑制装置 助燃装置なし。ニーズにより消煙装置装着(白煙を除去)
その他 灰の処理は有料になります 生成パウダーの再利用可

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - スーパーストーンクリーンZの特徴
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed

カテゴリー: ゴミ処理機, 製品情報 パーマリンク

コメントは停止中です。